ブログ&コラム

Blog&Column

年末のご挨拶

年末のご挨拶

2019年もお世話になりました。
年々早くなる1年を思い出しながら、
年末のご挨拶を書いています。

今年はおかげさまで、グロービス経営大学院を首席ではなく(笑)修了いたしました。
48歳でのチャレンジでしたので、
「なぜ、今さら」と思われた方も多いのではないかと思いますが、
環境の変化のスピードが速い昨今、お客様の期待以上のものを提供したいという強い気持ちがあったので、
最後まで走り続けることができました。
応援してくださった皆様に感謝の気持ちをお伝えいたします。本当にありがとうございました。

プライベートでは、環境や体調の変化がありましたが、
抗わずうまく付き合っていこうと思うと、気が楽になりました。

「水を呑むときは井戸を掘った人を忘れてはならない」
「知性の最後の砦、<教養主義>の意義を常に心に留めてください」
これらは大学院修了のときに尊敬する講師にいただいたメッセージです。
この二つを心に留めて、2020年もたくさんの人と組織の
お役に立つことができたらと思っております。

12月31日締め切りのレポートがまだ残っていますが、
ボチボチと仕事納めにいたします。
仕事始めは1/6からボチボチと…。
2020年が皆様にとって、佳い年になりますように。

2019年12月27日 ル レーブ 白梅英子