ブログ&コラム

Blog&Column

ブログ#3 20210512 やめられない、とまらない

「やめられない、とまらない」と言えば、カルビーのかっぱえびせん。
しかし、最近はこの「やめられないとまらない」が続出している。

オリンピックは言わずもがな。
私は招致するときから反対のスタンス。
子供や孫の代にマイナスレガシー(負の遺産)を残したくないので。

「サンクコスト・バイアス」という言葉がある。
すでにお金や労力や時間を支払ってしまったという理由だけで
損な取引に手を出し続けてしまう人間の認知的な傾向のこと。
ビジネスや投資の世界では、意思決定を歪める要因として知られている。

私たちの身近にもこの「やめられない、とめられない」はある。
・ダイエットコーラを飲みながら、ポテトフライを食べる

・勝つまでゲームを続ける

・社内の新規事業を立ち上げたが、なかなか成果が出ないけど終われない。

・恋愛でも気持ちが冷めているのに別れられない など
 

「今やめたら、これまで投じてきたものが無駄になる」
そう感じたら、それはもう「サンクコスト効果」の罠にはまっているそうだ。

歪んだ意思決定をしないためにも「既に支払ったコストは回収できないので、
将来の意思決定には反映させるべきでない」ということを
肝に命じておく必要がある。
しかし、言うは易く行うは難し。

ゆえに期限や限界を決めることが一番の対策だと思う。

惰性で生きることもあるけれども、今まさにやめる覚悟と勇気は必要だ。