ブログ&コラム

Blog&Column

ブログ#28 20220531 谷川俊太郎氏の言葉


(娘が小さい頃、好きだった谷川氏の本)

90歳の詩人、絵本作家の谷川俊太郎氏が言っていたこと

「意味付けしないでじっと見つめる」
「ただ存在することの価値に気づく」

 

生きることとは

仕事とは
会議とは
家族とは
生き方とは
悲しみとは

 

私たちは何でも意味付けすることが習慣になっている。
だから、一度手放すことが必要なんだ。

存在することだけでも意味があることなのに、
私たちは遠くばかりを見て、足元を見るのを忘れているのかもしれない。

 

—————————————————————————
谷川俊太郎氏の言葉
NHK ETV特集「ぼくはしんだ じぶんでしんだ」


「今は意味偏重の世の中なんですよ。

誰にも何にでも意味を見つけたがるわけ。

意味を探したがるわけ。

意味よりも大事なものは、何か存在するってこと。

何かがあるってこと。

 

存在ってことを、言葉を介さないで感じとるってことが、

すごく大事だと僕は思っている。

 

生きてるうえでそういうふうに、

意味を回収するっていうのかな、

意味づけないで、じっと見つめるとか、

 

じっと我慢するとかっていうことがあるんだけど、

みんな結構そういうことはしなくなってるんですよね。

意味を見つけたら満足しちゃうみたいなね。

そうじゃないものをつくりたいとは思ってます」